今日はどんより曇り空。
本格的な梅雨の季節になりました。
今日は少しムシムシ。
空は曇りでも私の気分は快晴♪
今日はいよいよブラケットが外れます。
思えば、長い道のりだったなあ・・・。
というか、動的治療(歯を動かす治療)は今日終了するわけですが、
同時に保定治療(歯並びを安定させ、後戻りを防止する治療)が始まるわけで、
今日で矯正治療が完全に終わるわけではないのですが。
口腔内チェック後、いよいよremove(=矯正装置除去)。
では、ブラケット装着の状態を、よく目に焼きつけておいてください、と鏡を渡されました。
あー、いよいよかあ。
まず下から。
歯が抜けるかと思うくらい痛い。
その後上を外したけど、あれ?上はあまり痛くないなあ。
その後、歯の表面についていた接着剤を落とし、クリーニング&研磨をしていただきました。
終了後、鏡を見て・・・。
あ〜スッキリだー。ツルツル。
歯磨きが楽そう・・・。
その後、前回型を取ったリテーナーをセットしたのですが、とても話しづらいの・・・。
どうしても、舌たらずみたいになってしまう。
リテーナーは食事時以外は半年は常に使用のこと。必須。
ほぼ24時間を目指す。
ま、すぐに慣れるでしょう。
3時間も外していると後戻りが始まるらしい。
ちなみに、私のリテーナーは入れ歯型。
勝手に、カニさん型リテーナーと呼んでいる。

阿佐谷矯正歯科医院の先生のところには、
他の病院で昔矯正治療をしたけれどリテーナーをサボってしまい、
後戻りの再治療を希望する患者さんが たくさんいる、とお聞きしました。

どうして以前の病院に行かないのか?
やはり行きにくいんでしょう。
だから新しい先生にところに行くんですね。
私は、絶対にサボらない。
だって、頑張ったんだもん。

「この美しい歯並び、一生このままでいて下さいね。」
と先生に言われ・・・。
先生、ありがとうございました。
本当にありがとう。
感謝しています。
矯正して、本当に良かった。
一歩踏み出すのは、勇気がいるんだけどネ。

リテーナーチェックです。
3時間も外していると元に戻り始めてしまうそうです。
ああ、心当たりがあった、
そういえば、長い時間外していたことがあった。
今後しっかりとリテーナーを
装着するように言われました。
気をつけます!

またまたリテーナーチェックです。
ちょっとだけ外す時間が長かったことがあったせいか、
上顎の歯の間に少しだけ隙間が出来てしまいました。
そのため、その隙間を閉じるためにリテーナーを少しきつめに調整していただきました。
リテーナーでの調整って、ある程度はできるんだそうです。
しばらくはリテーナー生活です。
まだもう少し時間がかかりそう。
次回の診察は10月の予定です。

ここのところ体調が悪くなり、入院したりしていたので更新が遅れてしまいました。

今日はリテーナーチェックの日でした。
なんとなーく左上大臼歯に違和感が。
よーく見てみると、 なんと頬側にポチッとフィステル (歯の根尖が膿んでしまい、膿が粘膜に道を作って出てきてしまう病変)が!!

フィステルなんてできるの初めてて、ちょっとびっくりでした。
治療となるとすでに入っている金属の冠を外さなければいけません。
リテーナーのクラスプ(ハリガネ)が、
その冠にかかっているため、そうなるとリテーナーの調整も必要です。
そのため、今後は根っこの治療とリテーナーチェックと両方です。

一生懸命ブラッシングしても、虫歯になるときはなるんですね…。

前回出来てしまったフィステル
(歯の根尖が膿んでしまい、膿が粘膜に道を作って出てきてしまう病変)の治療をしつつ、
リテーナーチェックです。
この歯ですが、だいぶ深いようで、保存するのが難しいかも?といわれました。
保存する方向で、 なんとか根っこの治療をして金属を入れましょう…とのことですが、
大丈夫かなぁ…。
しっかり磨いても難しいですね〜。

補足

これまでリテーナーは日中必ず装着すること、 とのことでしたが、
これからは極力付けて、夜は必ず、ということになりました。
正直言って…つけたりはずしたりがかなり煩わしいです。
実は・・・外食のときに今までお店に2、3回置いていってしまった事がありました。
すべて見つかりましたが。
あとで気付いて戻ってお店の人に探していただいたり・・・。
(なんと!お店のゴミ箱から見つかったこともあるのです・・・。)
みなさん、きちんとリテーナーケースにしまい、 ティッシュで包んで置いたりしないよう、気を付けましょうね…!

お久しぶりです。
フィステルもすっかり治り、無事にクラウンがかぶさりました。
リテーナーは変わらず装着しなければなりません。
ただ、忘れて長い時間外しっぱなしにしても、固定がしっかりしてきたのか再度装着しても痛みなどは無くなってきました!

ふと振り返れば、長い道のりでした。
こんなにも矯正って時間がかかるもんなんだ、と。
(一般的に外科矯正は長いのです!)
食事がうまくできなかったり、痛みで辛い思いをしたりとなかなか大変な日々でした。
昔の写真を見ると、今より痩せているしゃくれの私が。
そう、歯並びが綺麗になってきたら、食べることが楽しくなってきてしまい…かなりおでぶになってしまいました…
前歯で噛むという事ができなかった私にとって、噛めるという喜びはそれはもう感動もの。
顎関節症にはなってしまったけれど、また、顎に痺れは残ってしまったけれど…
上手に付き合っていこうと思います。
あんな大掛かりなオペしたもん、しょうがないかな。
久々に会った友人からは、顔の印象が違う!キレイになった!といわれました。
そう言われると、やっぱり矯正してよかったなぁ、と思います。

あとしばらくはリテーナーとのお付き合いです。
今後は様子を見て…という状態になります。

私は歯科衛生士をしていますが、外科矯正がこんなに大変なものとは思いませんでした。

自分自身で経験して、患者さんの気持ちや、金銭的な面、メンタルな面がとてもよく分かったように思います。矯正をして変わったことは…自分の笑顔が好きになりました。

あとは…少しダイエットですね。

ブログは、これにて終了します。

このブログを見て矯正を決断された方、また、まだ悩んでおられる方…
捉え方は様々かと思います。

少なくとも、矯正前と後とでは自分自身に何かしら変化があると思います。

長かったけれど、とてもいい経験をさせてもらいました!

最後に、先生には本当にお世話になりました。
本当にありがとうございました。
先生と出会えなかったら今のこの歯並びはなかった・・・。
心から感謝いたしております。
「矯正相談」という、あの頃の私にとっては
高い敷居をまたぐことから始まったこの外科矯正。
初めて阿佐ヶ谷の地を踏んだあの頃が懐かしい。
今思えば、この敷居はまったく高くなんかない。
まず最初の一歩を踏み出さないと、何も始まらないのですから。

また、、何かありましたらブログにアップするかもしれません。
それでは、また会う日まで……

 

 

ナナ