矯正の状態を診ていただいた後、外科でのチェックを 受けました。
矯正では、咬合調整をしていただきました。 帰宅してから学生時代に採った歯の模型と、今の状態を比較してみました。
全然違う!
明らかに違いを感じることができました。

しかし、外科を終えたからといって、やはりすぐに正常な咬み合わせにはなりませんね。
まあ、そのためにオペ後の術後矯正があるわけですよね。
ナナは下顎前突のため、下顎の歯列が発達しすぎたのか
今は上の歯が下の歯をカバーするような咬合状態になっています。 最近気付いたことですが、食事の時舌を咬んでしまうことが多いです。
下顎前突の原因のひとつに、舌の位置の悪さや、舌で下顎を押す癖が考えられると、以前矯正の先生から指摘されました。
まだナナの舌は下顎前歯の裏側にありますね…。
改善しないと。

さて、外科のチェックですが、前回と同様に右側の痛みを訴え、先生に診ていただきました。
(今日は違う先生だ…。)
顎の左右運動、開口運動etc…。
顔を両手で押さえられながら行っていました。

「レントゲンを撮りましょう。」
「ええっ?」
そして、顎を前方、左右などに動かしながらレントゲンを撮った結果…。
「ナナさん、今のその症状は顎関節症ですね」
ガ〜ン!!顎関節症って…。関節は痛くないし、痛いのは顎なんですが…。
そして、放射線科の顎関節専門の先生のところに行き、お話を伺いました。
耳のすぐ下あたりの関節腔内の洗浄を行いきれいになったところで、下顎骨と関節円板が滑らかに動きスムーズに開閉運動が出来るようにヒアルロン酸を注入するという治療法がある、との事。

い、痛そうだけどやってみようかな。
ん?でも痛いのは顎なんだけどな…。
メリット・デメリットをじっくりと聞きました。


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM