最近暖かくなってきました。 ナナは寒いのが大嫌いなので、少しうれしいです。

さて、今日は大学病院口腔外科でのチェックと、 矯正のチェックに行ってきました。 矯正では特に問題なく、左にずれていた咬み合わせも ほぼ中央に戻ってきました。 矯正の力って、すごい! ワイヤーチェンジの時に歯磨きをさせていただき、 何気に下の前歯を触ったらものすごーくグラグラしててビックリ! 

先生に「こんなに揺れていましたか?」と言ったら 「矯正治療中はこんなもんですよ」とあっさり回答。 ワイヤーでがっちり固定されている時は わからないものなのですね…。 

外科では、先生に左側の顎のしびれについて聞かれました。 …まだしびれています。 でも時々奥のほうがかゆく感じたり、一時的な痛みが走ったりします。 麻痺している感覚があるため、 かゆくてかいてもおさまりはしないですが…。 先生いわく、その状態は良くなっている証拠らしいです。 ビタミン剤(メチコバール)はもう飲んでも飲まなくてもいいそうですが、 念のためあと一ヶ月分、お薬を処方していただきました。 

開口運動は少々さぼり気味になってしまいました。
またやらなきゃなあ…。 

普段口を閉じている時は特に何もないのですが、 口を開ける時に右側の頬にズキンと痛みが走ります。 しかもカックンと鳴っているような。 先生に頬を手で押さえてもらい開口運動をして、 カックンとなる時に、あ、今鳴った、と言ってみたのですが、 先生は??という顔をしていました。
…なんでだろう…

先生いわく、私の訴えていた痛みのある場所が ちょうどプレートの入っているボルトのあたりの 位置のようです。 念のため、二次オペ(プレート除去手術)は早めに行おうと いうことになりました。 痛みの原因がプレートによるものであれば、 痛みはなくなる、とのことです。

まだ、顔は腫れているような気がします。 肥満から来るものなのか、手術による腫れなのか、 わからなくなってきました。 顔の腫れが完全に引くのは、4ヶ月から1〜2年かかるそうです。



☆医院から頂いた治療説明書☆ 

<矯正管理内容書> 
顎の位置はだんだん落ち着いてきていますので、引き続きゴムを 頑張って使ってください。 ゴムの力によって新しい顎の位置に筋肉を慣れさせる必要があります。 
上下ともワイヤーを調整してありますので、痛みが出ることがあります。


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM