初めてカウンセリングを受けました。


まず受付で
「予約をしておりましたナナと申します・・・」
と、 名前を告げると、
「こんにちは。お待ちしておりました。」
と歯科衛生士の方が笑顔で出てきました。
笑顔の力ってすごい・・・歯科衛生士さんの笑顔で緊張がほぐれました。
そして「こちらをご記入下さい。」と、問診表を渡されました。待合室で問診表を記入します。
記入し終わり、待っているあいだ矯正の装置をつけている人をたくさん見ました。
大人の人で矯正をしている人も増えてきたけれど、この医院では成人矯正を行っている患者さんが多いようです。
私くらいの年齢の人もいた・・・よかった。

問診表の記入を終えて、歯科衛生士さんに渡すと、その方の歯にも矯正装置がキラリと見えました。

受付のガラス越しに先生が見えました。
忙しそうにしています。
治療を終えた患者さんに何かを説明しているみたいでした。




やがて、私の番がやってきました。
「ナナ様、お待たせいたしました。どうぞお入り下さい。」
歯科衛生士さんが笑顔で扉を開け、診療室に迎えてくれました。

「お待たせしました。今日は矯正のご相談ですね。」
と、先生がいらっしゃいました。
あっ!先生も矯正装置をつけてる!!
優しそうな女性の先生でした。歯科衛生士さんもみなさん優しそうで、雰囲気のいい医院だなぁ、と思いました。


口の中の状態を診ていただき、きのうの夜、頭の中で整理した私の長年の悩みを、全て先生に聞いていただきました。
先生は、ウン、ウン、とうなずきながら親身になって聞いてくださいました。
矯正歯科に来るのはドキドキだったけど、言いたいことを言ったらスッキリ。
多分、先生は親以上に私の悩みを理解してくださったんじゃないかなぁ、と思います。
こんなふうに、気持ちが軽くなるんだったら、もっと早くここに来るんだった・・・なんて、今更思いました。


先生は、
「矯正治療だけでは、あなたの希望をかなえてあげることは難しいかもしれません。外科矯正を考えてみてはいかがですか」
と、おっしゃいました。

外科矯正か・・・。
矯正のみならまだよいのですが、「外科」という言葉に対する恐怖心もあり、やっぱり手術をしなくては無理なのか、と思う反面、外科矯正の手術をすれば、長年の悩みから解放される!と期待する気持ちもあります。
信頼できる先生との出会いにより、やっと一歩を踏み出すことが出来そうです。


カウンセリング時の先生のお話では・・

「外科矯正のメリットは、あなたが最も悩んでいる“下顎の長さ”を変えることができます。そして『顎変形症』という病名がつくので、保険が適用されるんですよ。(注1)
ただ、デメリットとしては、 術前矯正→手術→術後矯正があるため、普通の矯正治療より治療期間が長くなります。
そして、手術は全身麻酔で行います。もちろん入院が必要です。」

(注1)医院によっては自費の場合もあるそうです。


「外科」と聞いただけで、すごく恐怖心があったのですが、「そんなに怖いことではないですよ」と先生に、にこやかに言われると、そんなに怖いことではないのかも、と不思議と恐怖感もなくなってきました。
手術に対する恐怖より、長年の悩みから解放されるという期待のほうが大きいからかもしれません。 




「E-line」という言葉の説明を受けました。
鼻と下顎の一番出ているところを結んだ線上に上唇、下唇が並ぶと横顔がキレイ、とのこと。

思わず、矯正の先生の横顔をジッと見てしまう。
あっ!ホントだ!!
先生のお口元、一直線に並んでいました。確かにキレイ!
私もこうなれるのでしょうか・・・なれるはず!



思い切って、外科矯正を考えてみようと思います。
先生、ありがとうございます!!


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM